>

安い価格に隠された問題

この記事をシェアする

年式

車の新しさに関わってくる年式。
安さと状態を天秤にかけると、次のような年式が目安になります。

3年落ち…比較的新しい中古車を手に入れたい方におすすめ。購入後すぐに手放されているため、走行距離も少なく新車に近い車も多いですが、中古車の中では価格が高いこともあります。

5年落ち…見た目も古くなく、5年落ちからリーズナブルな中古車が多くなります。購入しやすい中古車といえるでしょう。

7年落ち…自動車の古さが少し気になり始める年式です。しかしその分価格はぐっと低くなります。新車の1/10程度の値段で買えることも…。状態の良い車を見つけたらラッキーですね。

10年落ち…同じ車種でも、メーカーでモデルチェンジが行われている頃なので、大変安く購入できます。近年の技術の進歩により、10年落ちでも十分乗ることができます。走行距離が少なく状態も良ければ、購入を検討してもいいかもしれません。

走行距離

自動車の1年あたりの適切な走行距離は、だいたい8000〜10000キロといわれています。
車は走行距離は少ない程よい、というわけではなく、適度に使われた車の方が良い状態を保てるそうです。

ですので例えば年式が5年落ちで走行距離が10000キロと少ない場合は、あまり使用せず車庫に長期間放置され、劣化している車だと考えられます。
逆に年式が3年落ちで走行距離が50000キロと多い場合も、ハードな乗り方をしていたと考えられるため、やはり購入を避けた方が良いでしょう。

中古車を安く買っても、運転に支障があって修理代がかかってしまうことは避けたいですよね。

年式と走行距離どちらかを優先するのではなく、ディーラーとしっかり相談をした上で、バランスを見比べて中古車を選びましょう。